最適なクリニック|ボトックス注射で解決【エラだけではなく輪郭のバランスを整える】

ボトックス注射で解決【エラだけではなく輪郭のバランスを整える】

最適なクリニック

注射

治療の前に知っておこう

小規模クリニックから大手まで、ボトックスエラ注射は殆どの美容整形外科で取り扱っているため、豊富な選択肢の中から治療先を選べます。そこで最適な美容整形クリニックを見付けるには、使用ボトックスの品質を基準に選ぶのもポイントです。国の認可を受けたボトックスなら安心して治療できますし、高品質な製品なら純度が高いため、小顔効果に優れるほか効き目も長くなります。低価格帯の物より費用は高額になりますが、より良い治療を受けたい時は選択基準として外せません。とはいえ国内で認可を受けたボトックスは1つしかありませんので、使用製品が同じなら、執刀医の治療実績が多い美容整形外科を探しましょう。ボトックスエラ注射は顔の筋肉に注射しますが、筋肉の肥大量は人によって違うため、患者ごとに適切な注入量を見極める必要があるのです。しかも注射する際は深さや進入角度など、筋肉構造を把握した上で注射しなければなりません。ただ注射すれば良いという施術ではありませんから、経験が多く、確かな腕を持つ執刀医を探すのが成功の秘訣です。その意味では、医院長がボトックスエラ注射を担当してくれる美容整形外科を探すのも良いでしょう。クリニックの顔とも言える医院長が責任を持って注射してくれる訳ですから、大きな安心感もあります。また、担当医のデザイン力も重要な選択基準ですので、自分が求める小顔と、医師のセンスが合っているかなども、カウンセリングを通して確かめておきましょう。そして万一に備え、手厚いアフターケアが用意されている美容整形外科を選ぶのが大前提です。腕の力こぶに代表されるように、筋肉は発達すれば太くなり、力を入ればムキッと膨れ上がります。筋肉であれば大なり小なりこの現象は起こりますので、エラの張った大きな顔も、咬筋の筋肥大が影響している場合が少なくありません。そして、この咀嚼筋の活動を制限してスリムにし、本来あるべき小顔にするのが、ボトックスエラ注射の基本目的です。そもそもボトックスは美容整形に用いる前から、筋肉が勝手に動く痙攣症状の治療に使われていました。つまり筋肉活動の抑制作用は既に保険治療で成果を上げていたため、筋肥大が原因の小顔治療には、ボトックスエラ注射が効果的と絶賛されているのです。人によりその効果は骨切り治療並、もしくはそれ以上ともされ、注射オンリーのプチ整形だからと言って過小評価できないことが豆知識となっています。またボトックスエラ注射は、ぽっちゃりした顔を解消する脂肪溶解注射と併用できますので、必要に応じて豆知識として覚えておくと良いかもしれません。そのほか、元々痛みの少ない治療ですが、ボトックスエラ注射は30Gなどの細い注射針を使うことで、穿刺による痛みをさらに小さくできます。特に内径が通常より大きい注射針なら傷口が小さく、シミなども防ぎやすいのがメリットです。注射針に着目することはボトックスエラ注射の豆知識にもなっており、事実、注射針に拘りを持っているクリニックも珍しくありません。最初から極細針を使う場合や、オプションで指定するなど、クリニックによって扱いは異なりますので、予めチェックしておくと良いでしょう。